続、被リンクを増やす

GoogleとYahooのどちらを重視したSEO対策にすればいいのでしょうか?
それはキーワードが何かによって異なります。 

一般的な利用率は、検索サービスの利用に関する調査 によれば、「Yahoo! JAPAN」が59.8%と半数を超え、 次いで「Google」が32.4%となっています。 
YahooがGoogleのほぼ倍です。
でも私の実績では、キーワードによって、YahooとGoogleの比率が 1:10だったり、5:2だったりします。
なぜ、そうなるのか?
"検索サービスの利用に関する調査"にもあるように、Yahooを使うかGoogleを使うかは、主婦や技術系などの職業・職種によって大きく異なるからです。
ダイエット、スイーツ、インテリアなどで検索する人は、Yahooを使っていることが多く、これらのキーワードで検索する技術者系の人達は少ないはずです。
逆にSEO対策などのキーワードは、主婦はあまり使わないのではないでしょうか。
キーワードによって、Yahoo対策を重視したSEO対策にするのか、Google対策を重視したSEO対策にするのかを 決めるといいでしょう。
 
Google重視の時は、ソーシャルブックマークや、中小の検索エンジン、相互リンク集などに多く登録しましょう。
 
Yahoo重視の時は、同一のテーマのサイトからリンクを受けるようにし、相互リンク集などの登録の場合もカテゴリにサイトと同じテーマあるものだけに限定しましょう。
 
自分からリンクを張るもの大事ですが、いい記事を書かけば、リンクは自然に増えていきます。
頑張っていい記事を書きましょう。(それが一番難しかったりしますが・・・)

posted by seoblog at 11:19 | SEO対策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。